紫外線対策

MENU

紫外線対策

日焼けどけの使用は、紫外線を防止するための、最もオーソドックスな方法だといえることでしょう。

 

この他、紫外線を防止する方法としては、日傘、帽子、サングラスなどを身につけるというやり方があるといいます。陽射しがだんだんと強くなると、化粧品販売店やドラッグストアでは、日焼け止め効果のあるクリームをよく売るようになります。

 

販売されている紫外線対策用のクリームには、いろいろな度数があり、その日の天気や何をするかなどによって使い分けが必要です。紫外線防止効果の強さを確認する時には、日焼け止めクリームの、SPFと、PAに注目しましょう。

 

まずSPFというのは、紫外線のB波を防止するための成分であり、このSPFの数字が高ければ高いほど、紫外線B波を防止する効果があります。とはいえ、紫外線防止効果が強いクリームは肌への刺激が強く、連日つけていると肌トラブルを招くこともあるといいます。

 

どのくらい家の外で活動しているかによって、SPFが違う日焼け止めクリームを使うのも、お肌のためになるものです。日焼け止めクリームを選ぶ時には、SPFだけでなく、PAもチェックするようにするといいでしょう。

 

PAというのは肌を黒くして、しみやしわなどの原因となる紫外線のA波を防止するための効果の程度を表しています。PAの高い日焼け止めクリームは海水浴や屋外のスポーツに用いて、PAが高い日焼け止めクリームは普段使いのものにして、使い分けましょう。

 

紫外線防止クリームは、汗で落ちることもあるので、小まめに塗るようにする事が大切です。