紫外線予防

MENU

紫外線予防

紫外線について理解を深めておくことが、紫外線予防にはとても大事なことです。

 

紫外線にはどんな特性があり、どんな種類があるかを知っておくことで、紫外線防止の適切な手段がわかります。お肌に照射すると肌の炎症を起こし、赤く腫れたような状態になるのは、紫外線の中でもB波と呼ばれるものが原因です。

 

そしてB波は波長が短いので、私たちの肌に直接降りてくる量は、紫外線の総量の10%にも満たないと言われています。紫外線は、肌に受ける量が少なくとも影響は大きいものですから、何とかして予防しなければいけません。

 

病気の元になるものは、紫外線のB波ですが、紫外線のA波は、肌が黒くなって日焼けを引き起こし、しわやしみの発生を早めると言われています。紫外線A波は、B波よりも波長が長く、肌まで到達するスピードがゆっくりです。

 

その分、肌の奥まで届き、細胞に影響を与えるようになります。もしも紫外線からお肌をガードしたいと思っているならば、紫外線のA及びB波の両方の特性について知っておくことが、大事なことであるといえます。紫外線B波と違って、A波はオゾン層で止まることがないため、地上にはたくさん降りそそぎます。

 

紫外線のA波は、窓ガラスなども通り越すので、家の中にいても紫外線を防止するための対策をしなくてはいけません。ガラス一枚あれば届かなくなるような紫外線B波の場合、日光に含まれている量が少ないこともあり、日傘や、帽子を使って、対策を講じることが可能です。

 

紫外線を防止するための方法はいくつかあるので、紫外線対策を考えている人は、情報収集して比較検討することをおすすめします。